JSITCA QOL 非特定営利活動法人 中小企業IT化・QOL支援協会  
     
 
 
 
 
 
HOME > 経営支援士 > 経営支援士 資格の概要
 
 
 
経営支援士 資格の概要
 

 

 

 

経営支援士は経営とITの融合を目指します

 

中小企業への資金調達に直結


経営計画(資金調達)アドバイザー


経営戦略策定(企業の成熟度を判定)が、単なる絵に描いたもちにならないよう、


資本・融資・助成等の資金調達という結果につなげる力を持つ資格者とします。


IT化はシステム化を徹底する


情報化(IT化)アドバイザー


IT化の目的は業務の効率化です。


組織が効率化に向けて一つの方向に機能するよう、システム化することが一番の目的です。


業務の流れを理解し、IT技術者に伝達できる力を持つ資格者とします。


 

経営計画(資金調達)アドバイザー A Management Plan Adviser
番 号名 称内 容 概 略
(経-0) MP-Aの視点 横断的にMP-Aのスタンスを押さえる
(全ドメイン共通、入門紹介)
(経-1) 経営計画策定プロセス SWOT分析から経営課題の
抽出まで
(経-2) 経営分析と企業会計 企業の視点、財務計画
(経-3) 資金調達を中心に MP-Aとして、習得しなくては
いけないものを、資金調達中心に解説
(経-4) 民法商法の基礎 中小企業の将来を見据えて、
学ばなければならないこと
(経-5) 税法基礎 企業の税金と事業者の税金
企業財務の視点から見た税金

 

情報(IT)化アドバイザー IT Adviser
番 号名 称内 容 概 略
(情-0) IT-Aの視点 横断的にIT-Aのスタンスを
押さえる(全ドメイン共通、入門紹介)
(情-1) パソコンとネットワーク(社会) 電子社会の技術インフラと
中小企業
(情-2) ソフトウェアとビジネス 情報化企画から調達、
導入、運用
(情-3) セキュリティと情報のリスク 安全で社会のルールに
乗っ取った運用のために
(情-4) ITと法律 個人情報保護法、情報
セキュリティ管理基準
(情ー5) 電子申告と電子開示(公告) 企業会計と公表財務諸表、
登記と公告の電子化

 

 

経営計画(資金調達)アドバイザー A Management Plan Adviser

回 数フェーズ内 容 概 略
第1日 第1フェーズ[1] ガイダンス
法律の最新情報確認
経営分析と企業会計
第2日 第1フェーズ[2] 経営計画策定の基礎知識
第3日 第2フェーズ[1] 経営計画策定プロセス
第4日 第2フェーズ[2] 資金調達中心に経営計画を考える
まとめの講義
ミニテスト

 

情報(IT)化アドバイザー IT Adviser
回 数フェーズ内 容 概 略
第5日 第3フェーズ ガイダンス
中小企業とIT 
企業情報システムとアプリケーション
企業情報の安全性と情報セキュリティ
ITと法
第6日 第4フェーズ[1] 中小企業の情報システムソリューション
業務の流れとITの融合
(中小企業のERPも検証)
第7日 第4フェーズ[2] IT技術を活用した業務のシステム化
(業務分析手法の学習を中心に)
第8日 第5フェーズ ソリューションパックの具体的適用
中小企業の情報システムソリューション
経営改革の提案を受けてIT化までを体験
まとめの講義
ミニテスト

 

 

経営支援士(Management Support Professional)
回 数フェーズ内 容 概 略
第9日 最終フェーズ[1] ガイダンス
経営計画策定プロセス
経営改革の提案までを体験
ビジネスモデルの策定
まとめの講義
第10日 最終フェーズ[2] ソリューションパックの具体的適用
中小企業の情報システムソリューション
経営改革の提案を受けてIT化までを体験
まとめの講義
認定試験